名古屋のインプラント|みなとインプラントセンター


PRP(多血小板血漿)

PRP
PRP(Platelets Rich Plasma):多血小板血漿について

血小板中の増殖因子(PDGF,TGF-β,IGF,BMPなど)は骨の再生初期において線維芽細胞の遊走および血管新生を促進し、移植骨の骨への置換を促進します。血小板中の増殖因子を含む粒状人工骨は、含まないそれと比較して約2倍の骨成熟度を示すという実験結果が得られています。
当院では骨造成・骨移植を行う際には原則としてPRPを併用します。患者さんには「しっかりした骨が出来る」というメリットがあるだけでなく、我々にも「早く・しっかりした骨に安心してインプラントを植えることができる」というメリットがあります。患者さんと我々双方にメリットがあるわけです。又、PRPはもともと「患者さん自身」の血液を基に作製するわけですから、当院ではPRPの作製および手術への応用を無料で行っています。

採血
(10~40cc:骨造成量によって変わる。)
2400回転/分で7分遠心。
スポイトで2回血漿を集め、
3600回転/分で10分遠心。
 
 

みなと歯科口腔外科(みなとインプラントセンター)は、『名古屋競馬場前』駅前から徒歩13分程に位置する
みなとメディカルステーション内にある歯科医院です。(所在地はこちら)
お車でお越しの際は駐車場をご利用下さい。

また、インプラントの概要治療費用設備等について当サイトでご紹介しています。
あまり知られていない、医療費控除についても記載しておりますので、ぜひご覧下さい。
治療をお考えの方や興味はあるけど不安・疑問を抱えている方は
お電話(052-389-1101)もしくは、メールにてお気軽にお問い合わせください。