名古屋のインプラント|みなとインプラントセンター


インプラントQ&A

インプラントについて
  以前の自分の歯と同じようにかむことが出来ますか?
  何年ぐらいもつの?
  身体に影響はありますか?
  見た目でインプラントをしていることがわかりますか?
  金属アレルギーが心配ですが、大丈夫ですか?
  どのようなデメリットが考えられますか?
  入れ歯では、ズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりしますが?
  部分入れ歯をしていて、バネが不快ですが?
  ブリッジを勧められています。両隣の健康な歯を削りたくないのですが?
  歯が全部ない場合もインプラントは可能ですか?
  インプラント治療は、誰に対しても行えるのでしょうか?


質問
以前の自分の歯と同じようにかむことが出来ますか?
答え 天然の歯は歯根膜というクッションで顎の骨と結合していますが、インプラントは天然の歯と違い、骨と直接結合しています。よっていわゆる噛みごたえを感じることはできませんが、天然歯よりも硬いものを噛むことができるようになります。


質問
何年ぐらいもつの?
答え それはお手入れ次第です。定期的に検診を受けていただき、問題が生じたら早期に対処することで半永久的にもたせることが可能です。上部構造については壊れてもいくらでもやりかえが可能です。


質問
身体に影響はありますか?
答え 特にありませんが、あえて言うならば硬いものを食べ過ぎて閉口筋の筋肉痛や顎関節症を生じることもあるようです。


質問
見た目でインプラントをしていることがわかりますか?
答え 歯肉の状態によります。歯肉が充分にあればあたかも歯肉から天然の歯が生えている様に見えます。歯肉が不足している場合には歯肉付きの歯になりますので、大きくお口を開いたさいに人工の歯肉が見えてしまう場合があります。


質問
金属アレルギーが心配ですが、大丈夫ですか?
答え インプラントは純チタン製ですので金属アレルギーはほとんど考慮する必要はありません。上部構造に関してはその限りではありませんが、純セラミックの歯を用いれば大丈夫です。


質問
どのようなデメリットが考えられますか?
答え あえて言えば術後にある程度の局所発熱・腫れ・疼痛が生じるということでしょうか。


質問
入れ歯では、ズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりしますが?
答え インプラントは顎の骨に直接結合しますので全く動きません。又、それゆえ食べかすが入って痛みを生じるということもありません。


質問
部分入れ歯をしていて、バネが不快ですが?
答え インプラントは当然のことながらバネを使用することはありませんのでその様な不快感は生じません。見た目が不満であれば金属のバネを使わない義歯もありますのでご相談ください。


質問
ブリッジを勧められています。両隣の健康な歯を削りたくないのですが?
答え そうなると保険の範囲では部分入れ歯ということになりますが、入れ歯を固定する金具をしっかりかける為にほんの少し削る必要があります。全く削りたくないのであればインプラント以外の選択肢はなくなります。


質問
歯が全部ない場合もインプラントは可能ですか?
答え もちろん可能ですが、インプラントが骨としっかり結合するまで(2~4ヶ月)は義歯を使っていただくことになります。


質問
インプラント治療は、誰に対しても行えるのでしょうか?
答え 残念ながら重度の骨粗鬆症や糖尿病(HbA1C>7)、その他の自己免疫疾患(膠原病など)や極度にコントロール不良の高血圧をお持ちの方は不適応となることがあります。


ページの上に戻る
インプラント治療の手術について
  入院は必要ですか?
  私は糖尿病を患っていますが、手術は可能ですか?
  入れ歯で悩んでいて、相談にのってもらいたいのですが、必ず治療しなくてはいけませんか?
  手術は痛いですか?
  手術時間はどれくらいですか?
  歯槽膿漏でも大丈夫ですか?


質問
入院は必要ですか?
答え ほとんどの場合は不要です。静脈内鎮静下に手術を行いますので、術後1時間ほどベッドで横になって休んでいただき、帰宅していただくことになります。入院が必要な程の超難症例につきましては静岡県共立湖西総合病院にて手術し、1泊入院していただくこともあります。


質問
私は糖尿病を患っていますが、手術は可能ですか?
答え HbA1C<7であれば感染に注意すれば可能です。具体的には手術1時間前に抗生剤を飲んでいただき、術後も抗生剤の点滴を長めに行うなどです。


質問
入れ歯で悩んでいて、相談にのってもらいたいのですが、必ず治療しなくてはいけませんか?
答え 治療するかしないかはあくまで患者さん自身が決めることです。健康保険が使えませんので費用的な問題もありますし、骨の状態によっては骨移植やサイナスリフトなど侵襲の大きな手術になることもあり得ます。「それでもインプラントで何でも噛めるようになりたい!!」という気持ちが強い方が治療を受ければよいと思います。


質問
手術は痛いですか?
答え 手術はしっかり局所麻酔を効かせて行いますので痛みはありません。又、静脈内鎮静下で眠った状態(JCS:Ⅱ-20)で行いますので恐怖心も感じません。


質問
手術時間はどれくらいですか?
答え 手術内容によってかなりの違いがでてきます。しっかりした骨が充分な充分にあり、且つインプラントの本数が少なければ短時間ですみますし、骨が脆かったり少なくて骨造成が必要であったりすれば長時間かかります。


質問
歯槽膿漏でも大丈夫ですか?
答え 軽度であればインプラントを植えると同時に骨造成しますし、重度であればまず、骨移植・骨造成を行ってからインプラントを植えることになります。


ページの上に戻る
インプラント治療の手術後について
  治療期間中に食事は普通にとれますか?
  歯ブラシは行ってもいいですか?
  見た目は自然の歯と変わりませんか?
  アフターケアは必要ですか?
  保証はありますか?


質問
治療期間中に食事は普通にとれますか?
答え しっかりした骨が充分にあり、インプラントが前歯の場合にはインプラントを植えたと同時に仮歯を入れて普通の生活を送ることも可能ですが、奥歯で且つ骨造成等を行った場合には4ヶ月程度義歯を使っていただくことになります。


質問
歯ブラシは行ってもいいですか?
答え 手術をして数日は歯ブラシが当たると痛いので、できる範囲でしていただき、不足分は消毒薬でしっかりうがいしていただく必要があります。


質問
見た目は自然の歯と変わりませんか?
答え 歯肉の状態によります。歯肉が充分にあればあたかも歯肉から天然の歯が生えている様に見えます。歯肉が不足している場合には歯肉付きの歯になりますので、大きくお口を開いたさいに人工の歯肉が見えてしまう場合があります。


質問
アフターケアは必要ですか?
答え 経過良好の場合でも最低半年に1度の経過観察が必要です。
特に他の歯が歯周病にかかっていたり、歯軋りや食いしばり等をされる方の場合はもう少し頻繁に経過観察する必要があります。


質問
保証はありますか?
答え もちろんありますが、交通事故や転倒などによる上部構造・インプラントの破損に関してはその限りではありません。


みなと歯科口腔外科(みなとインプラントセンター)は、『名古屋競馬場前』駅前から徒歩13分程に位置する
みなとメディカルステーション内にある歯科医院です。(所在地はこちら)
お車でお越しの際は駐車場をご利用下さい。

また、インプラントの概要治療費用設備等について当サイトでご紹介しています。
あまり知られていない、医療費控除についても記載しておりますので、ぜひご覧下さい。
治療をお考えの方や興味はあるけど不安・疑問を抱えている方は
お電話(052-389-1101)もしくは、メールにてお気軽にお問い合わせください。