名古屋のインプラント|みなとインプラントセンター


| 抜歯即時インプラント |

抜歯インプラントの流れ
抜歯後の歯肉が治っているということがインプラント埋入の大前提でした。

しかし今では条件を満たせば抜歯してそのまますぐに埋入することが可能です。同時に仮歯が入れられる状態であれば、歯のない時期はまったくないことになります。

0.5mmのドリルで根間中隔の骨にマーキングをします。
オーギュメーターで拡大します。
微細骨折しているので、凹型オステオトームで容易に上顎洞底の骨を抜くことができます。
インプラントを植えます。