名古屋のインプラント|みなとインプラントセンター


| インプラントQ&A |

インプラントについて
  以前の自分の歯と同じようにかむことが出来ますか?
  何年ぐらいもつの?
  身体に影響はありますか?
  見た目でインプラントをしていることがわかりますか?
  金属アレルギーが心配ですが、大丈夫ですか?
  どのようなデメリットが考えられますか?
  入れ歯では、ズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりしますが?
  部分入れ歯をしていて、バネが不快ですが?
  ブリッジを勧められています。両隣の健康な歯を削りたくないのですが?
  歯が全部ない場合もインプラントは可能ですか?
  インプラント治療は、誰に対しても行えるのでしょうか?


質問
以前の自分の歯と同じようにかむことが出来ますか?
答え 天然の歯は歯根膜というクッションで顎の骨と結合していますが、インプラントは天然の歯と違い、骨と直接結合しています。よっていわゆる噛みごたえを感じることはできませんが、天然歯並みに硬いものを噛むことができるようになります。


質問
何年ぐらいもつの?
答え 上部構造については壊れてもいくらでもやりかえが可能です。


質問
身体に影響はありますか?
答え 特にありませんが、あえて言うならば硬いものを食べ過ぎて閉口筋の筋肉痛や顎関節症を生じることもあるようです。


質問
見た目でインプラントをしていることがわかりますか?
答え 歯肉の状態によります。歯肉が充分にあればあたかも歯肉から天然の歯が生えている様に見えます。歯肉が不足している場合には歯肉付きの歯になりますので、大きくお口を開いたさいに人工の歯肉が見えてしまう場合があります。


質問
金属アレルギーが心配ですが、大丈夫ですか?
答え インプラントはチタン合金製ですので金属アレルギーが生じる可能性はごくまれと考えます。上部構造に関してはその限りではありませんが、純セラミックの歯を用いれば大丈夫です。


質問
どのようなデメリットが考えられますか?
答え あえて言えば術後にある程度の局所発熱・腫れ・疼痛が生じるということでしょうか。


質問
入れ歯では、ズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりしますが?
答え インプラントは顎の骨に直接結合しますので全く動きません。又、それゆえ食べかすが入って痛みを生じるということもありません。


質問
部分入れ歯をしていて、バネが不快ですが?
答え インプラントは当然のことながらバネを使用することはありませんのでその様な不快感は生じません。見た目が不満であれば金属のバネを使わない義歯もありますのでご相談ください。


質問
ブリッジを勧められています。両隣の健康な歯を削りたくないのですが?
答え そうなると保険の範囲では部分入れ歯ということになりますが、多くの場合は入れ歯を固定する金具をしっかりかける為にほんの少し削る必要があります。全く削りたくないのであればインプラント以外の選択肢はなくなります。


質問
歯が全部ない場合もインプラントは可能ですか?
答え もちろん可能ですが、インプラントが骨としっかり結合するまで(2~4ヶ月)は義歯を使っていただくことになります。


質問
インプラント治療は、誰に対しても行えるのでしょうか?
答え 残念ながら重度の骨粗鬆症や糖尿病(HbA1C>7)、その他の自己免疫疾患(膠原病など)や極度にコントロール不良の高血圧をお持ちの方は不適応となることがあります。


ページの上に戻る

みなと歯科口腔外科(みなとインプラントセンター)は、『名古屋競馬場前』駅前から徒歩13分程に位置する
みなとメディカルステーション内にある歯科医院です。(所在地はこちら)
お車でお越しの際は駐車場をご利用下さい。

また、インプラントの概要治療費用設備等について当サイトでご紹介しています。
あまり知られていない、医療費控除についても記載しておりますので、ぜひご覧下さい。
治療をお考えの方や興味はあるけど不安・疑問を抱えている方は
お電話(052-389-1101)もしくは、メールにてお気軽にお問い合わせください。